しあわせのたね ✿Clear heart✿ 雑記帳

スピ依存から目覚めた後の体験と学び・占い・天然石の話

「ラブラドライト」で粘り強く!

天然石のチカラを、侮ることなかれ

 

kireina-hanasaku-caco.hateblo.jp

 

こちらの記事にも書きましたが、こういう見えないチカラのものは
怪しい・・と思われる方がいるかもしれません。

 

でも、みなさんが神社仏閣のお守りを信じるように
私も神社仏閣のお守りと同じく天然石のチカラって絶対にあると思っています。

 

ラブラドライト」の持つチカラ

私の天然石ブレスレットの作り方は、
お客様には2~3種類ぐらい好きな石を選んでいただきます。
その他の石の組み合わせは私に全てお任せにしてもらって、
隣り合う石の相性を第一に考えて組み合わせるスタイルです。

なので、ブレスレット完成画像を送った時に
「なんだか綺麗な色じゃない石が入ってる・・」と、少々ガッカリするかもしれません。

 

 

f:id:clearheart212:20200704195122j:plain

(画像お借りしました) 

 

ラブラドライトは見た目はグレーかかったパールのようなので
華やかさは無いですが

○粘り強さ

○諦めない

などの意味合いがあり

夢に向かって行動する時、踏ん張りが必要な時などに用いると良いチカラ強い石なんです。

ただの偶然か??3年かかった問題が解決!

 

こちらの画像はカップルでブレスレットを購入いただいた、お客様の画像です。

 

f:id:clearheart212:20200704195329j:plain


 お二人は互いに離婚歴はあるけれど、現在とても良い関係を築いていらっしゃいます。

この3年間の問題を抱えていたのは男性の方なんですが・・

 

ブレスレット制作時には
「実は離婚した元妻が家に居座ってしまって出て行ってくれない!」と困っていました。

 

元妻さん側にも簡単に出ていけない理由(子供さん・仕事・お金のことなど)があったのかもしれません。
だからこそ、男性は3年間も我慢していたのです。
だけど、離婚の理由が妻側の浮気だったので・・そりゃあ堪忍袋の緒が切れそうになりますよね(-_-;)

 

何の問題があったのかは詳しい理由は分かりませんが
3年も居座るって長すぎるやろ?と、私は思ってしまいましたが💦

3年間の離婚同居生活で男性側からも
出て行ってもらうための話し合いを何度も試みましたが、元妻は聞き入れす・・で疲れてしまい、半分諦めかけていました。

 

そこで、ブレスレット制作時には
少しでも彼に【粘り強さ】を保っていただきたく、ラブラドライトを取り入れたところ・・

 なんと!!Σ(・□・;)

ブレスレット購入後に再び元妻さんとの話し合いにチャレンジして、
3か月後に元妻さんが家を出たそうです。

不倫に至るまでは、元妻さんなりの理由も色々あったのでしょうが、子供たちも傷つけてしまったのですからね。
元妻さんは一人になり生活も色々と大変でしょうけど
自分の蒔いた種はしっかりと刈り取れるように、これからの人生と向き合えることを願います。

そして子供たちを引き取って頑張っている、この男性には是非とも幸せになっていただきたいものです(*^^*)

 

 

~わたしは、このような活動をしています~

 

占い教室 Clear Heart 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

 

ランキング参加しています。共感いただけたらポチっとお願いいたします。

「子離れ」は難しい・・

大丈夫?親子お互いに依存

私が思う親孝行って、親にベッタリすることではないです
今、若い世代では【友達親子】なんて言われる関係もありますが・・
それは、違うと思うのです。

知り合いに友達母娘みたいな関係の親子が居ます。
彼女たちを見ていると、お母さんが子離れ出来ていない様子。
自分も結婚するまでは【元・友達母子】だったので、他人のことだけれど危険だな~と勝手に見てしまいます。
(私の場合、これが原因で後に起こる母娘確執に繋がったと思う)

成人した子を毎日会社まで送迎して、休日も買い物や映画などとベッタリ。
傍から見ていると
【娘さんが嫁に行ったら、お母さんはどうなるのだろう?】と心配してしまいます。

 

子離れの準備

私には息子が2人居ます。
母との確執真っ只中だった、長男が小学校低学年の頃から子離れの準備を考えていました。
(当時の母は、私から子離れ出来ていないと感じていたため)

 

まずは息子本人から頼まれていないのに学校へ忘れ物を届けるのを止めました。
どうしても必要な書類とかの忘れ物は先生から電話が来るので迷惑がかかると思い、持っていきましたが
それ以外の忘れ物は【恥をかけば良い!】と、心を鬼にました。

 

f:id:clearheart212:20200630200644j:plain

 

子離れ予行練習

長男が中学になり2年生頃から思春期反抗期にも大変悩み、手を焼きました。

でも途中からは
勉強やるも・やらないも、提出物出さないのも彼の責任。
これで高校進学出来なかったら彼が自分で人生の責任を取るしかない。
これは、親にもどうにもできない!と、諦めました。

母である私自身がこのように思えるようになり、口うるさくしなくなったころ
息子自身が【これはマズイ!】と目が覚めたようで
成績が底辺近くまで下がり切った時には
人が変わったかのように必死で勉強して第一希望の高校合格まで結びつきました。

このことから親として手やクチを出すのは簡単だけど
必要に応じて手を離さないと子供の成長の機会を奪ってしまうのだと学びました。


子離れ本番がやってきた

これは次男のことですが・・
次男は下の子の特性からか?小さい頃は甘えん坊でした。

小学校1年生くらいの時
私が朝ゴミ捨てなどで少し家から出ていたら、家の玄関先で次男の大きな声が!!
慌てて家に向かうと
「もう!お母さんどこ行ってたの??起きたら居なかった~~~っ」😢
と、大泣きしていたのです。

とっても愛おしかったなぁ・・💛

そんな次男も高校生になり、彼女が出来ました。
偶然、彼女を手をつないだ画像がSNSのタイムラインに載ってきたのです。

私は画像を見てしまい、とても寂しい気持ちでした。
いつのまにか、こうして手の届かない場所に行くんだな・・と、しみじみ😢

あれだけ、子離れ・子離れ!!と思って行動してきた私ですが
一人になった時に急に寂しさが込み上げてきて、泣いてしまいました。

思春期もあり、真剣にケンカもしたし
「早く自立して」!!と、毎日思っていたけれど
いざとなると勝手なもので・・彼女とか結婚とかになると複雑な気持ちです。

でも、これが子離れの集大成だと考えているので何とか乗り越えていかなければ!と思います。(*^^*)

息子たちの結婚のころまでには慣れるようにしないとね・・(笑)

 

 

明日の朝、もし目が覚めなくても・・

こんばんは。
このタイトル「なんじゃ!こりゃ??」と思われるかもしれないですね。

 

母との確執が始まったのは17年前でした。
実家の親と同居生活を始めた直後から母親の嫌な部分ばかりが目に付くようになり
夫と両親の間に挟まれることも本当に辛く、幼い2人の息子の子育てにも疲れ果てていました。

 

特に母は表向きは父親を立てるような素振りですが、裏ではしっかりとコントロールしていて
母が私たち夫婦に思うことを父に言わせるようなところがありました。

 

およそ4年間の同居生活でしたが
あまりにも辛い思い出が多くて、当時のことは母と戦った記憶はありますが
その他のことはほとんど覚えていません。

17年前は今ほど母親の悩みを抱えている人が表に出ていなかった時代なので
誰かに相談しても
「実の母親なんだから上手くやらないと」
と、サラリと言われてしまい悲しかった思い出があります。

この話はとても長くなるので、少しづつ記憶を書いていこうと思います。

 

今の私があるのは、この言葉のおかげ

もう、生きていたくない!
どうして、この母のもとに生まれてしまったのか?
生まれたくなかった・・

 

毎日毎日こんなことばかり考えていたら、鬱気味になってしまいました。
メンタルクリニックにも少し通院したけれど・・
家に母親の存在を感じるだけで
ますます自分を見失うような気持ちになってしまった、ある日

 

2000年代前半に「オーラの泉」という番組がやっていて
美輪明宏さんの言葉が最後に出てきて

明日の朝 もし目が覚めなくても 後悔しない毎日が送れればいいのです

 

との名言が。

 

f:id:clearheart212:20200625230236j:plain

 

私、この言葉で

 

やはり家を出て別居しよう
このまま居たら自分を失うし、将来親の面倒も見れなくなる
明日、目が覚めなかったら絶対に後悔する
この状況で人生を終えたくない!!

 

と、強く・強く思い夫と子供に申し訳なかったけれど別居に至りました。

 

離れてからも平和ばかりとは言えなかったけれど別居に対しては後悔していません。
お金で大変な思いはしたけれど(笑)

 

健康で働けれたら、お金は何とか回っていくものです。

 

私は別居が人生初!親に反抗した出来事です。
本当に勇気を出して良かった。

 

今日は重たい話題でごめんなさい。

皆さんも後悔のない毎日を (*^^*)

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村

 

ランキング参加しています。共感いただけたらポチっとお願いいたします。